抗菌コーティングとは何か?メリットとデメリットについて

目次

まだまだコロナウイルスが猛威を振るう中、街中や公共施設で目にする機会が増えた抗菌コーティングとは何でしょうか?

この記事では抗菌コーティングについて、またそのメリットとデメリットについてお伝えいたします。

抗菌コーティングとは何か?

抗菌コーティングとは、壁やドアなどにウイルスや細菌を取り除くコーティングをしたものを言います。

これまで私達は、ウイルスが付着したと思われる場所に、アルコールや次亜塩素酸ナトリウムなどで除菌をしてきました。

しかし抗菌コーティングされた場所では、ウイルスや細菌が付着すると、自然にウイルスや細菌を無力化してくれます。

ですが条件があったり、コーティングの持続時間があったりと、いくつか注意点もあります。

抗菌コーティングの種類ごとに分けて説明していきます。

光触媒コーティング

光触媒とは、東京理科大学学長も務めた、藤嶋昭が発見しました。

光触媒で抗菌コーティングを施した場所は、光を当てるとウイルスや細菌だけでなく、汚れも除去できるとされています。

光を当てる事が条件なので、全く光の無い場所や、光の弱い場所では効果が発揮されません。

空気触媒コーティング

こちらは光ではなく空気に触れる事で、効果を発揮する抗菌コーティングです。

光触媒と比べると効果が低いですが、その代わり空気さえあればどんな状況でも効果があるので、特に光の当たりにくい場所に対しては効果が高いです。

人体への影響は?

光触媒でも空気触媒でも、どちらも人体への影響は無いとされています。

光触媒で用いられる酸化チタンは100年前より使用されている物質で、現在は化粧品や日焼け止めなどにも使用されているものです。

十分な安全性が確保されなければ実用化などされませんから、まず問題無いと考えてよいでしょう。

抗菌コーティングのメリット

次のようなメリットがあります。

  • 長期間に渡ってウイルス対策が出来る
  • 人体への影響がない
  • アルコールや次亜塩素酸による手荒れ等の心配がない
  • エタノールや次亜塩素酸と併用できる

順に見ていきましょう。

長期間に渡ってウイルス対策が出来る

抗菌コーティングの種類によりますが、1年~10年と、非常に長い期間、効果を発揮し続けてくれます。

コーティングなので、良く触れる部分はどうしても少しずつ剥がれてしまいますが、それでもこれだけ長期間に渡って抗菌してくれるのはありがたいですね。

人体への影響がない

先ほども伝えましたが、抗菌コーティングに使用する光触媒も空気触媒も、かなり厳密に人体に影響がないか、日本を含めた世界中の機関が調査をしています。

その上で問題ないとされているので、まず問題ないと考えてよいでしょう。

アルコールや次亜塩素酸による手荒れ等の心配がない

アルコールや次亜塩素酸はウイルスや細菌に対して高い効果がありますが、同様に人体に対しても効果があり、手荒れ等の原因になってしまいます。

これらを使わずに済むのも、大きいですね。

エタノールや次亜塩素酸と併用できる

抗菌コーティングされた表面は、エタノールや次亜塩素酸で剥がれる事はありません。

光触媒効果は、その特性上、実際に効果が出るまでに時間が掛かります。

なのですぐに除菌する必要がある場合に、エタノール等で除菌する事も可能です。

抗菌コーティングのデメリット

これだけ様々なメリットがありますが、ではどのようなデメリットがあるでしょうか?

  • 単価が高い
  • コーティング出来ない素材がある
  • コーティングが剥がれた事が分からない

こちらも順にみていきます。

単価が高い

アルコールや除菌シートなど、これらはドラッグストアで気軽に購入できる金額ですが、それに対して抗菌コーティングは、非常に高くつきます。

ただしそれは短期的に見ればの話で、長期間に渡り効果が持続する事に加え、間接的にアルコール等による健康被害を抑えられるので、その分の薬代や病院代も浮くと考えると、決して高すぎるという事はありません。

コーティング出来ない素材がある

触媒の種類にもよりますが、全てに抗菌コーティングが出来るわけではありません。

コーティングが剥がれた事が分からない

抗菌コーティングを施した場所は、一見すると分かりません。

効果が発揮されている瞬間も、見る事は出来ません。

なので、コーティングが剥がれてしまっていても、分からないというリスクがあります。