抗菌コーティングってなに?

ライフワークの抗菌コーテイングは、光のチカラでウイルスや菌を抑制する光触媒コーティングサービスです。
壁や天井などにコーティングをすることで、光が当たるときはもちろん、暗所でも効果を発揮。

効果がありそう。というイメージではなく実際に様々な試験で立証されています!

・アパタイト  細菌や有機化合物を吸着。

・二酸化チタン  アパタイトに吸着した細菌・有機化合物を光の力を利用して分解・除去し、抗ウイルス抗菌効果を発揮します。

● アパタイト(リン酸カルシウム)は、歯(エナメル質の95%)や、骨(65%)を構成する物質です。二酸化チタンに被覆することによって、塗布する部材を傷めない役割も担っています。 

● 2009年(独)科学技術振興機構と(独)産業技術総合研究所により、共同開発。(特許第3975270号) 

● (独)産業技術総合研究所所有特許の実用化に成功

第三者機関における試験で、驚きの抗菌効果を立証

室内の落下菌による試験
試験機関:(独)産業技術総合研究所 ※赤い点が一般的な部屋の雑菌

レコナ
“エアリフレッシュ”
を作業した室内

室内落下菌の増殖が
抑えられていることがわかる


未作業の室内

室内落下菌が
増殖していることがわかる

抗菌コーティング(エアリフレッシュ)のメカニズム

日中でも夜間(暗所)でもアパタイトが吸着効果を発揮し、付着したウイルスをガッチリ離しません。
太陽光や照明などの光が当たると二酸化チタンの光触媒作用が働き、(-OH)と(O2-)の2種類の活性酸素を生成します。
生成された活性酸素がウイルス内の分子を奪うことで、微量の水と二酸化炭素に分解することができます。